車の買取金額をできるだけ上乗せするには、、中古車を売却時期、タイミングも関係があります。あなたの車をちょっとでも高額で手放すことを前提とすれば少なからずタイミングがあるといえます。自動車の査定ポイントとして重要視されるところに走行距離がまず考えられます。少なからず走行距離というのは、車の耐用年数と考えられるケースもありますので、走行距離というのは長い分だけ見積もりには欠点となります。メーターが5000キロと5万キロでは中古車の価格は評価がことなります。通常は走行距離は短いとそれだけ中古車の査定額は増えますがあまり細かい目安はなく決められた線を引いて査定額が算出されます。例えば普通車だと一年で1万kmが基準として10000kmを超えて走っていると一般的に査定がマイナスになるなどです。軽自動車では、年間標準走行距離が8000kmがまた年数の割には走行距離が小さいケースでも売却額が高くなるとは限りません。普通は年式と走行距離についての見積査定のポイントは保有年数にたいして適した距離を走っているかということです。愛車も例外ではないです。その自動車の初年度登録からの経過年数も車査定の小さくないポイントです。しっかり把握しているというような人がたくさんいるだと思いますが、一般的には年式は新しいほど買取査定では優位なのですが例外としてそのシリーズに希少価値がある車種は昔の年式の車でも高く査定額が出されるケースがあります。それから、車検も重要です。ご存知のとおり車検というものは現金が必要ですので車検までの時間が長いほど見積額は大きくなると感じる人が多いかもしれませんがそれは誤りで、実際のところ車検時期がいつであろうと中古車の売却額にはそれほど響くことはありません。輸入車、フルエアロの車凹みのある車、といったような車種のタイプも見積額に関係を与えます。車検のタイミングは売却を検討するにはちょうど良いと考えることができます。反対に、査定額を上げるために、車検直後に見積もりに出そうとするのはナンセンスであまり意味がないということです。他にもお店に自動車の依頼をして、引き取ってもらう好機として2月と8月が狙い目です。なぜなら買取業者の決算が3月と9月というところがほとんどだからです。ですから1月に売ろうと思ったら少し待って2月に自動車の査定見積もりを専門店に頼んで売るのも手です。あなたの事情もあるでしょうから、誰もがこうした時期に売るなどというわけにもいかないのが実際だと思いますが、できるだけそのような時期を狙ってみると良いと思います。